ウーマン

ムダ毛はサロンで脱毛する時代|自分でやるよりサロン

脱毛で使うレーザーの種類

腕を上げる人

脱毛をしようと思った時に、医療脱毛とエステ脱毛どちらにするか迷う人は少なくないと思います。心斎橋のクリニックや美容外科で行なう「医療脱毛」とエステで行なう「エステ脱毛」には大きな違いがあります。それは、脱毛で使われるレーザーの威力です。医療脱毛で用いられる機器はエステのものに比べて威力が高く、高い効果を実感することができます。エステでもレーザーは使いますが、心斎橋のクリニックや美容外科で使われているものに比べると光が弱いので、効果が低いのです。ただし、料金面で見ると医療脱毛よりエステ脱毛のほうが安く済みます。脱毛の効果を重視するか、料金の安さを重視するかで選ぶということになります。先ほどレーザーの威力が違うと書きましたが、具体的にどんな種類のレーザーがあるのか、いくつか挙げてみたいと思います。まず、一般的に使われているレーザーは「ダイオードレーザー」です。レーザーの波長が日本人の肌に合っていて、痛みが少なく肌への負担も最小限に抑えられます。また、日焼けしていても照射可能な「ヤグレーザー」というものもあります。レーザーの光が肌の深部まで照射するため、太くて濃い毛には効果的なレーザーといえます。レーザーの種類を2つ挙げましたが、大切なのは自分の肌質や毛質に合った機器で施術してもらうということです。心斎橋にあるクリニックや美容外科には名医がたくさんいます。安心して医療脱毛に臨めるように、心斎橋のクリニックや美容外科は慎重に選びましょう。